鈴木医院

江戸川区の耳鼻咽喉科
〒133-0061
東京都江戸川区 篠崎町4-3-5
TEL:03-3676-1150

HOME   お知らせ   当医院のご案内   交通案内   初診の方へ

 

menu

HOME

お知らせ

当医院のご案内

交通案内

初診の方へ

耳より情報

耳鼻科の診療範囲
・診療対象年齢
・病気の範囲
・補聴器相談
耳の炎症について
・急性中耳炎とは?
・急性中耳炎の症状
調剤薬局について
・診療対象年齢
・院外処方箋
・投薬について
Q&A
・耳鼻咽喉科についての疑問

Get adobe flash PLAYER

当サイトの一部コンテンツをご覧になるにFLASHPLAYERが必要です。 ご使用のパソコンに「FLASH PLAYER」がインストールされていない場合は上のイメージをクリックしてAdobe Systems社のサイトからダウンロードしてください。(無料)

 

HOME»  耳の炎症について

耳の炎症について

急性中耳炎とは

 

細菌が鼻やのどから鼻の奥と耳をつなぐ耳管を通り、鼓膜の後ろにある中耳が炎症している状態です。

 

急性中耳炎の症状

 

急性中耳炎の症状

症状としては、耳だれが出る、耳が詰まった感じがする、難聴がおこる、時には発熱を伴うこともあります。
特に小さなお子さまに中耳炎が多いのは、耳管が短く、傾斜がゆるやかなので、細菌が中耳に達しやすいからです。
お子さまが急に機嫌が悪くなったり、耳を気にしたりするようであれば、中耳炎の可能性も考えられます。
夜中、耳を痛がる場合は耳の周囲を冷やし、ご自宅にある鎮痛剤を飲ませて様子をみて、翌日、耳鼻科で診療を受けてください。

治療は多くの場合、抗生剤の内服、点耳薬などの薬の療法が主となります。
薬を飲んでも痛みが治まらない、内耳の膿や粘液がなくならない場合には、鼓膜切開を行います。
鼓膜切開とは、小さなメスで鼓膜の表面に小さな穴を開け、液を排出させます。鼓膜に穴を開けるというと聞こえが悪くなるのでは……と心配される方もいらっしゃると思いますが、ごく小さな穴なので全く問題ありません。